公益財団法人 地域創造基金さなぶり TEL. 022-748-7283

台風19号・みやぎ水害支援プロジェクト


台風19号による宮城県内の被災者支援を支援するプロジェクト
2019年10月に12日~13日かけて関東~東北を襲った台風19号は、河川の決壊や氾濫など宮城県下にも大きな影響を及ぼしました。本プロジェクトは、こうした宮城県かにおける台風19号による被災者支援に取り組む活動を支援するための支援金の基金です。
皆様の寄付を財源にして、支援に取り組む組織へ活動費を助成することで人による支援が継続的に行われるようにしていきます。

今すぐ寄付する

いただきましたご寄付は宮城県内における被災者支援に取り組む活動の資金として
活動助成をさせていただきます。

宮城県内の被災状況

2019年10月に12日~13日かけて関東~東北を襲った台風19号は、宮城県下にも大きな影響を及ぼしました。特に9市町の18河川では堤防の決壊が発生し、丸森町では、通常の10月降雨量の15倍となりました。
支援活動の例
・避難所にいらっしゃる方への支援:子どもの遊びや預かり、介護が必要な高齢者支援、その他公的支援では賄いきれないニーズ
・被災者支援:心のケア、お茶会、住宅の再建相談会、
・泥かきや床下・床上浸水の家屋の片づけ作業に必要な物品
・ボランティア活動の移動や他地域からのボランティア活動への交通費
・NPOや地縁組織等による支え合いの活動
・その他、地域のニーズに即して申請があった活動に資金を提供します。

報告
・このページを通じてご報告します
・電子メールアドレスの通知があった場合には、直接電子メールにてお送りします。
・弊財団への寄附は、税制優遇の適用になります。
領収書の発行に必要な情報:氏名、住民票のある住所、連絡先:電話、電子メール


以下は、10月14日(月)19時の宮城県災害対策本部の公表資料です。

死者:8人
行方不明:2人

河川・堤防の決壊は14河川・18カ所
越水・溢水は18河川・18か所

水道施設
丸森町:水道管破損による断水・全域(影響推計約7000人/全人口10,080人)
石巻市:183戸
その他、白石市、南三陸町の一部で給水車による対応等

道路
全面通行止め 52路線、70か所・・法面崩れ18路線、冠水規制23路線、倒木3路線

停電
丸森町・約1380戸
角田市・約170戸

避難所
角田市・5か所、283人
丸森町・15か所、288人
大郷町・2か所、139人
他、柴田町20人、石巻市7人等


河川の決壊・浸水・越水等・・・・・
※決壊14河川・18か所、越水・溢水18河川・18か所

丸森町
・【浸水】雉子尾川・大内地区
・【漏水】新川・鳥屋地区
・【浸水】内川・上林東地区

村田町
・【越水】新川・沼部地区右岸

登米市
・【越水】南沢川・津山町横山地区左岸
■【決壊】石貝川・津山町津山地区右岸

石巻市
・【溢水】高木川・大草地区
・【溢水】内の野川・小屋前地区
・【溢水】日向川・小屋前地区
・【溢水】加茂川・福地地区
・【溢水】西沢川・長尾地区
・【溢水】馬鞍川・皿貝地区
・【溢水】富士川・針岡地区

女川町
・【溢水】大沢川・折下~寄木地区

南三陸町
・【溢水】八幡川・御前下地区

仙台市
・【溢水】七北田川・泉区野村地内・右岸
■【決壊】坪沼川・太白区坪沼地区

大崎市
■【決壊】渋井川・古川渋井地内
■【決壊】名蓋川・大崎市古川矢目

利府町
■【決壊】砂押川・沢乙地内

栗原市
■【決壊】照越川・築館地内
・【越水】瀬峰川・瀬峰地内
■【決壊】荒川・築館地内
■【決壊】熊谷川・志和姫地内
・【越水】善光寺川・高清水地区

白石市
■【決壊】斎川・下河原地内

角田市
■【決壊】半田川
・【越水】高倉川

大和町
■【決壊】身洗川・落合絵和田地区
■【決壊】小西川・鶴巣幕柳地区

加美町
■【決壊】鳴瀬川・月崎地区、田中二番地区、上野目桑畑地区
■【決壊】大滝川・鹿原礼場

蔵王町
・【越水】森の川・宮地区

※溢水と越水:川などの水があふれ出ることで、堤防がないところでは「溢水」、堤防のあるところでは「越水」を用いる。

よくあるご質問

  • Q
    地域創造基金さなぶりとは?
    A
    地域で多様な課題に取り組む現場が使える資源をつくることで、東北の復興と地域の活性化を支える東北発のコミュニティ財団です。東日本大震災後の2011年6月に一般財団法人として設立され、これまでに総額約17億円の資金調達および累計約16億円の支援を行ってきました。コミュニティ財団として行政・企業・NPO・地元住民の皆さま等、多様な地域の皆さまとともに、地域で使える資源を増やし、地域課題の解決にむけた各種取組みを進めて行きたいと思います。
  • Q
    地域創造基金さなぶりはいつから活動しているのですか?
    A
    東日本大震災後の2011年6月20日に設立されました。「特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター」が母体となり「一般財団法人 地域創造基金みやぎ」として設立されました。2014年7月1日に、公益財団法人化し、名称を現在の「公益財団法人 地域創造基金さなぶり」としました。設立以来、一貫して東北の復興と活性化を支える活動に取り組んできました。
  • Q
    寄付金控除は受けられますか?
    A
    当財団への寄付は、個人・法人ともに寄付金控除が受けられます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • Q
    寄付金控除は受けられますか?
    A
    当財団への寄付は、個人・法人ともに寄付金控除が受けられます。詳しくはこちらをご覧ください。